TOMOHIRO HANADA

PHOTOGRAPHY

 Fukuoka 2020

 MA - 間

I started a project called MA-間 to explore my own identity as a Japanese. When I lived in out side of Japan for 10 years, I realised the feeling that only Japanese people could understand of MA-間.  Quoting the dictionary, it was written that "ma" represents the word of the gap between houses. I started shooting because I thought I could understand the feeling of MA. I was obsessed with searching for objects that could be seen through the gaps. Even though it is a landscape that you can always see, it looks different depending on your consciousness. You can see an abstract three-dimensional object that looks like a mystery. I want to explore what I can't see. The term "ma" may have meant to be used when the feeling of having a margin to explore, not a  spatial expression, appeared.

自分自身の日本人としてのアイデンテイテイを探るためにMA-間というプロジェクトをスタートした。 外国に住んでいた時に、日本人にしかわからない間という感覚を実感した。 間が良いと言う事を通訳できない。事と事との時間的な間。辞書を引用すると、間というのは家と家の隙間 の言葉を表すことが書いてあった。隙間を理解する事で間を理解できると思い撮影を始めた。私は、隙間から見える対象物を探る事にとりつかれた。いつも見えている風景なのに意識をする事で違ってみえる。謎見えている抽象的立体物が見えてくる。見えないものを探りたくなる。間というものは、実話空間的表現ではなく探りたいという余白ができた感情が現れた時に使う意味だったのかもしれない。