TOMOHIRO HANADA

PHOTOGRAPHY

MA - 間

Upon my return to Japan after years abroad, I felt a strong need to explore my Japanese identity.

I started searching for a feeling that only Japanese people understand. The meaning of ma, which represents time and space, differs depending on whether it is martial arts, music, or painting. Is there an expression of ma that is common to all? I investigated the roots of kanji to see if there is anything that can be seen by visualizing it. Before 1949, Chinese characters represented the moon in gates - moonlight shining through the gap between houses was expressing MA. Later, the Kanji changed from 閒 to 間, so the gap is formed when the sun enters the gate I used Fukuoka's buildings built after 1949 as subjects to record the meaning of ma. This work captures the sense of distance of the Japanese people, who value the relationship between people, and the mystery of ma, which cannot be seen by the naked eye.

海外生活を経て日本に帰国した私は、自分の日本人としてのアイデンティティを探求する必要性を強く感じた。そして、日本人にしかわからない感覚だと感じた間を探求した。時間と空間を表す間は、武道、音楽、絵画など異なる事によって意味が違っていた。全てに共通する間の表現はあるのか?可視化する事によって見えてくものがあると思い漢字のルーツを調べた。1949年以前、漢字は門の中の月を表していた。家の隙間から差し込む月光が間を表現していた。その後、漢字が閒から間に変わり、日光が門の隙間に入ることが間を意図した。1949年以降に建てられた福岡の建築物を被写体として間を記録した。人と人との関係性を大事にする日本人の距離感、目に見える事のできない間の神秘性を写しだした。