TOMOHIRO HANADA

PHOTOGRAPHY

Berlin 2018

Car Reflection

I walk around the city and look at cars parked alongside the road. They all reflect the same surroundings, yet depending on their colour, share or the angle you observe them from, or even their cleanliness, you discover a completely new mysterious world. A tree reflected in a brilliant red car looks like a painting of Japanese maple in autumn, but in an older car with a sharp angle, that same tree turns into abstract artwork, while the dust of a long unwashed car becomes part of the tree’s design. While reflected in the cars around, the world we live in feels simply a little bit bigger. 

ベルリンには、日本のようにパーキングスペースはなく。ほぼ全ての車が路上駐車である。車の上に映り込む風景は、同じ場所に駐車してある車でも角度を変えれば違った物のように映る。鮮やかな色の車の上に写った風景は、絵画のように見えた。ホコリをかぶっていた車でも、まるでそれがもともとデザインされていたかのように見えた。新品のような綺麗な車は、本当に美しいのか?ヨゴレているものは、本当に汚いものなのであろうか?車の上に映り込まれた世界は、狭い世界なのであろうか?もしかしたら私は、大量生産社会の波にのまれ全ての物事を呆然とただ同じように見つめていたのかもしれない。